フレッツ光の転用って何???

最近フレッツ光用語で新しい言葉が誕生しました。
その言葉が「転用」という言葉です。
これはどういう意味なのかといいますと、
簡単にいうと、フレッツ光から他の、例えばドコモ光やau光、ビッグローブ光やso-net光などの光コラボレーション事業者に乗り換えることをいいま す。
最近、いろいろな○○光っていうのが多くなってきたのはこれが原因だっ短ですね。

使っている回線はフレッツ光で同じなんですが、
光コラボレーション事業者によって速度や月使えるバイト数の上限など細かいことに違いがありますから、よく見てみるといいでしょう。

また、転用をする上での注意点としては、
一度他の光コラボレーション事業者に転用すると
再びフレッツ光に転用することはできないということです。
また、転用した後に、さらに他の光コラボレーション事業者にしようとするときに電話番号が変わってしまったり、工事が必要になったりすることがあることも 注意です。

ですから、たとえ魅力的なキャンペーンを提示されても
すぐに契約するということはしないでどんなデメリットがあるのかを事前によく調べてから転用するといいでしょう。

また新しくフレッツ光からドコモ光ひ転用する人もいると思いますから
フレッツ光からドコモ光に転用する際に注意したいことも書いておきます。
フレッツ光がフレッツ光の光回線の卸売りを始めたため
ドコモ光をはじめとして多くの事業者が「光」と名前のついたサービスを始めました。
そういうことで、フレッツ光からドコモ光に転用したい方も多いそうですね。
でも当然ですが、フレッツ光からドコモ光に転用する上で注意するポイントもあります。

それは、いったんフレッツ光からドコモ光に転用したら
またフレッツ光に戻ってくることはできないんです。

これって結構不便ですよね。
だって転用するとフレッツ光で使っていた電話番号もドコモ光に行くわけなんですが、ドコモ光で何か不満があってもまたフレッツ光に戻ってこれないというこ とは、解約してフレッツ光に加入するしかないんですよ。
そうすると当然電話番号も変わってしまうことになるんです。

ですから、もし、ドコモ光に転用することに不安があるなら
よく考えてから転用したほうがいいということです。

以上がフレッツ光からドコモ光に転用する際に注意したいことです。

フレッツ光の代理店のおすすめはこちらから
ソネット光代理店